売れるスマホランディングページ|コピーもつくるスマホサイト制作

お電話でのお問い合わせは0120-346-559までお気軽にどうぞ

はじめまして、
ワードメーカー株式会社の代表・狩生(かりう)です。

突然ですが、会報誌に関して次のような思いはありませんか?

新規のお客様を獲得する労力と効果を考えると、
既存のお客様をフォローすることがいかに大切か分かります。

たとえばDMで比較すると、既存客に出すのは、
新規の7倍以上の反応があると言われています。

簡単な広告だけでもここまで効果があるということは、
一冊の情報誌として顧客が本当に欲しい情報を
きちんと整理してわかりやすく載せておけば、
アクションが期待できるということがイメージできるかと思います。

会報誌の送付先の多くは、「一度は商品をご購入いただいた」とか、
「お問い合わせがあった」といったリストではありませんか?
このような顧客のリストは非常に価値が高いので、
そこへの働きかけは本当に大切です。

しかし、会報誌にはDMとは違った難しい点もあります。

一度つまらない、自分には不要だと思ったら次に来ても
開封しない・読まない。
下手をするとやっかい者扱いをされて、
企業としてのイメージまでダウンさせてしまう危険があります。

必要な情報をきちんと伝えれば非常に効果的なツール。
でもただ単に発行しているだけではコストを食うだけで、お客様からも邪魔扱いされる存在。
正直、こんな内容なら送らない方がマシ…というような会報誌も世の中にはたくさんあります。

既存のお客様との信頼関係をアップさせ、次のセールスチャンスに確実につながる会報誌を発行すること

郵便受けには毎日たくさんのDMや会報誌・機関誌が届きますよね。
その多くは、面倒だと思って開封せず捨ててしまう…という方も多いはず。
しかし、中にはつい目を通してしまうものもありますよね。

それは、

欲しい時に必要な情報を教えてくれる。今の悩みを解決してくれる。
そんな会報誌がくれば絶対に読みますよね。
また、会報誌の良いところは、毎号毎号信頼関係を積み重ねられること。
前回も、前々回も気になる情報が載っていた。
となれば、 今後もきっと…と読み続けられるようになるでしょう。
そして、習慣化してくれればこっちのものです!!

お客様が受け取った会報誌をすぐごみ箱に送ってしまうのか、大切に取っておくかは内容次第です。

誰だって自分のことはしっかり見えません。
だからこそ、私たちが外から見て、良いところを発見し、魅力を伝えるという代行をしています。

これができるのは、

ただデザインにこだわっただけ、セールスにこだわっただけの
会報誌作成代行ではできないことです。

会報誌は配ってみないと反応がわからないため、事前にテストをすることができません。
それに、送る時期や間隔によっても効果は大きく左右されてしまいます。

大切なのは、お客様のもとへ定期的に送ること。
繰り返しアプローチを行うことで、企業とお客様との信頼関係が保たれますし、記憶に残りやすくなります。

という方にオススメのコースです。

という方にオススメのコースです。

無料診断・無料見積もりのお問い合わせはこちら

会報誌作成代行は、サイズや種類、ページ数、印刷する部数などによって 料金が変わってしまいます。
今、配布している会報誌等についてお悩みがある方、
どうしたら良いかわからなくなっている方は、ぜひ一度ご相談ください。

ご相談、お見積りは無料です。あなたのお悩みを教えてください。

ただデザインにこだわっただけ、セールスにこだわっただけの
会報誌作成代行ではできないことです。

会報誌等作成代行、お手続きの流れ 会報誌等作成代行、お手続きの流れ
ヒアリングって、何を聞かれるんですか?
どういった商品なのか、どんなウリがあるのか、こだわりは、ビジネスに至った経緯など、
会報誌の原稿作成、企画に必要なことをお聞きします。

電話でのヒアリングですので少々お時間はいただきますが、
堅苦しいものではなく、気楽に雑談をする、と思っていただければ大丈夫です。
紙面を変えるだけで、本当に効果があるのでしょうか。
既存のお客様に向けた会報誌・機関誌等は、
お客様がすでに商品やサービスのご利用経験がある分興味を持ってもらいやすいです。

必要な情報、役に立つ情報を提供したりと工夫することによって、
反応率や結果につながる可能性はとても高いと言えます。

当社のこれまでの実績では、会報誌を適切なものにすることで結果につながることがわかっています。
むしろ、お客様が欲しくない情報ばかり発信してしまうと、ブランドに対するイメージが下がってしまい、
お客様が離れてしまうかもしれません。
他の会社とどこが違うんですか?
当社はセールスライティング、コピーライティングを重視しています。

他社様と違い、コンセプト決め、コピーライティング、デザイン、
印刷と会報誌に必要な部分すべてを自社で手がけていますので、言葉とデザイン、両方を使って
100%の魅力を伝えられるのが特徴です。

会報誌の配布を、効果がない、上手くつくれないからやめてしまおう、こだわらなくなってしまうという企業も中にはあります。

当社は、お客様が伝えたいことを伝える言葉のプロです。
これまでもそうでしたし、これからもそのスタンスを変えることはありません。

無料診断・無料見積もりのお問い合わせはこちら